*

中島みゆきおすすめ曲5選!これだけは聞いておけ!

      2016/02/10

水彩1
背景素材 Freepikによるベクターデザイン
日本を代表するシンガーソングライター、中島みゆき。メッセージ性の強い詞を特徴的なスタイルで歌い上げ、ガツンとインパクトを与える唯一無二の存在感を持っています。やドラマなどでも盛んに使用されているので、誰でも曲は知っているのでは?

 

 

月にテレビ朝日系で放送された、「ミュージックステーション時間スペシャル」内の「世界に誇るニッポンのうた」アンケートにおいて、もっとも多くの楽曲をランクインさせたアーティストでもあります。

 

 

テレビ出演を好まず、ひたすらコンサートと創作活動に励んできたみゆきさん。デビューからすでに年が経過し、その楽曲数は膨大な数に及んでいますが、ここではまず、中島みゆきワールドをまんべんなく味わえる、初心者にオススメの「入門編」をお届けします!

 

1.時代

デビュー後、2枚目のシングルとしてリリース。数々の賞を獲得し、多数のアーティストによるカバーや、何パターンものアレンジVer.が発表されています。音楽の教科書にも登場し、「日本の歌百選」にも選ばれました。

 

 

まさに、「時代」を超えて受け継がれる、中島みゆきを代表する1曲です。最近では、女性用年齢化粧品「アスタリフト」のCMで耳にしますね。

時代ライヴ201011- (東京国際フォーラムAより)

 

2. 

中島みゆきさんの曲には出会いや別れ、運命などを歌ったものがたくさんありますが、この曲もその中のひとつ。「縦の糸はあなた 横の糸は私 織りなす布はいつか誰かを 暖めうるかもしれない」というフレーズに、多くの人が心打たれました。

 

3.地上の星

中島みゆきの荒々しいまでの力強さを感じる名曲。NHK「プロジェクトX」の主題歌としても有名です。番組のイメージにもぴったりとハマっていましたね。

「地上の星」

 

4.わかれうた

中島みゆきの十八番とも言える、別れをテーマにした1曲。ここで歌われているのは、不本意な別れに直面したひとりの女性の心の叫びです。

 

普遍的なテーマで感動を与えてくれる一方、こういった「情念系」と括られるドロドロとした感情も中島みゆきの最大の魅力。さまざまなアーティストにカバーされていますが、やはり本家を聞いておかなくては!

 

 

5.うらみ・ます

あまりに毒々しい感情表現から、中島みゆきの「怨念系」「情念系」というイメージを決定的にした1曲。何度も繰り返される「あんたのこと 死ぬまで うらみます」のフレーズに恐怖を覚える人も多数。

 

しかし、この曲をきっかけにコアな中島ワールドにハマってしまう人も、かなりの数いるんだとか。

 

 

シリアスな楽曲が多いことや、メディアへの露出が少ないことから、少し怖いイメージを持たれがちな中島みゆきさんですが、実はとってもお茶目で可愛らしい方。

 

 

オールナイトニッポンの伝説のパーソナリティとしても知られているほどなんです!そんなギャップも彼女の魅力のひとつ。あなたもぜひ、中島みゆきワールドにどっぷり浸かってみませんか?

アイキャッチ画像素材
ビンテージ Freepikによるベクターデザイン

 - 中島みゆき