*

ケツメイシ好きにもう一度聞いて欲しい曲集!

      2015/12/30

チョークのハート

1993年に活動を開始した音楽グループのケツメイシは、1996年に今活動している男性4人組のメンバーで改めて活動を開始してから、現在に至ります。
聞いているだけで思わず体がリズムを刻んでしまうようなノリの良さや、前向きになれて感情移入の出来る歌詞など、ケツメイシには様々な曲があります。

 

日常の中の人間関係について男性目線で描かれている歌詞に共感する男性が多くいますが、女性でも共感できる歌詞を見つけられるような内容です。

 

もう一度じっくり聞いてみたい曲集

代表曲のひとつにもなっている「夏の思い出」は聞いたり歌ったりするだけで、夏の楽しい思い出を一緒に運んできてくれる気持ちにさせてくれます。同じく代表曲としてあげられる「太陽」は、また雰囲気が変わり秋に向かう季節の変わり目に聞きたくなる切なさに魅力があります。
カラオケにぴったりの曲も多く、行くと必ず歌ってしまうという男性はたくさんいます。「君色」は旧友と集まった時に一緒に歌いたくなりますし、歌詞のストレートさにはまってしまう「もっと」や、前向きな気持ちにさせてくれる「トレイン」など、幅広い年齢層が集まるシーンでも歌いやすい楽曲が揃っています。
また伝わりやすい歌詞と馴染みやすいメロディーから、結婚式という大切な場面のBGMとしてもよく使われています。アップテンポな曲も切ない曲も、しっとり聴かせる曲もあるので、入場から退場はもちろん動画のBGMなどどんなシーンにも使えます。

 

「幸せをありがとう」は結婚式の大定番曲になりましたが、他にも「そばにいて」や「トモダチ」、「君とつくる未来」など、二人の未来や周りの人たちとの絆を再確認するのにピッタリです。

君と作る未来

 

カラオケの十八番にしたい

さらに、「バラード」も大人気曲の1つです。思いを寄せる人に対しての真剣な気持が切なく歌われています。失恋直後の方は聞かない方が精神衛生上良いと思いますが・・・。個人的にはPVに出演している女性が美人で何回も見てしまいました。カラオケ歌えるようになると、女の子受けがいいことこの上なしだと思います。ラップ部分などが少し難易度高めですが、良い雰囲気作りには一役買ってくれるでしょう。

 

バラード


楽曲の良さはもちろん人気の理由の一つですが、ケツメイシを好きな理由に「ライブの面白さ」を上げる人も多くいます。

 

ライブに行った時にわかる人柄の良さやトークの面白さも評判が高いです。テレビやラジオに出演する機会も少ないのですが、だからこそケツメイシに触れられるライブは欠かせない場所になっています。

 - ケツメイシ