*

鬼束ちひろ、暴力事件の真相【恐怖】

   

シンガー

 

シンガーソングライターとして2000年にデビューした鬼束ちひろは、デビューした頃は清純なシンガーというイメージがありました。しかし最近の鬼束ちひろの激変に対して、世間は驚きを隠せない状況になっています。

 

奇抜なメイクや数々の奇行、そしてプライベートで起きた事件まで、音楽以外の話題が次から次へと尽きません。

 

鬼束ちひろに関する事件

事件

世間を驚かせる事件が発生したのは、2010年の8月でした。当時半同棲をしていた交際相手がお酒を飲んで酔っ払って帰宅をし、自宅マンションで寝ていた鬼束ちひろに対して暴力を振るったことでした。

 

反撃した鬼束ちひろに逆上した男性の暴力はさらにエスカレートしました。約一ヶ月の逃亡の後に男性は逮捕されましたが、恐喝や窃盗などを繰り返した前科5犯のある人物でした。

 

その後もその事件についての情報が色々流れて、彼女のイメージが大きく変わるきっかけになりました。

 

知り合ったのはおもちゃ屋さん

おもちゃ

おもちゃ屋さんで知り合った無職の男性と意気投合して半同棲状態になりましたが、知り合ってから2週間で事件が発生しています。

 

ディズニーグッズを集めることが好きでおもちゃ屋さんに通っていただけに、疑うことなく仲良くなったことが想像されます。交際相手をしっかり見極めて欲しいという声が上がるのは、当然のことと言えます。

 

もともと清楚キャラじゃなかった?

ロック

その激変も話題になりましたが、もともとデビューした頃の清楚なファッションやキャラクターには不満があったそうです。作られたキャラクターをしていた当初と違い、今は自由にしていいという周りのスタッフからの言葉で本来の自分になれたことを明かしています。

 

そのためか度重なる奇行も目立つようになりました。Twitterで他の芸能人に対する失言を繰り返したり、ニコニコ生放送では自主規制をする画面を連発させるような行動を起こしています。夏フェスに出演すれば、ファンの前でも思わず「??」となってしまう行動や発言が見られました。

 

長年に渡る体調不良

長年の不眠症と戦ったり、ライブ中もパニック障害と戦うなど、精神的に情緒不安定な部分があり活動を休むこともしばしばありました。今後も目が離せない存在ではありますが、音楽に関する良い話題を待っているファンがいることも確かです。

 

ここ1,2年テレビなどで見た時は前のような服装、化粧に戻っていたこともあり、個人的には安心しました。でも一度あのような激しい変化を見てしまうと、彼女自身は本当はどちらの雰囲気が好きなのだろうと考えてしまいますね。

 

2014年に配信限定シングル「祈りが言葉に変わる頃」をリリースしてから、新曲のリリースはありません。去年(2015年)も主だった活動がなかっただけに、今年(2016年)はどんな形であれ、新しい姿を見せて欲しいです。

月光


 - 鬼束ちひろ