*

クリープハイプの年齢など。オススメ曲も聞いて行けー!

   

サックス

日本でロックバンド・クリープハイプは、2001年に結成されてインディーズで活動しながら、2012年にメジャーデビューをしています。デビューまで10年以上活動している、苦労人バンドと言えるかもしれませんね。

 

クリープハイプってどんなバンド?

とにかく声が良すぎます。ただただ「声が高い」というのではありません。ひたすら甘い、聞いていて吸い込まれるような声です。曲もちょっと突飛なテーマなものもありますが、基本的には日常感のある曲が多いように感じます。

 

仕事で疲れた夜に、お酒でも飲みながらヘッドホンでゆっくり聞きたくなるような声です。しかし声がいいのはボーカルの尾崎さんだけではありません。ベースのカオナシさんの声もとても良いです。曲を聞くときは是非カオナシさんの声にも注目してみてください。以下おすすめ曲です。

寝癖

サビの良さが凄いです。声とギターの音が合いすぎて鳥肌たちました。

左耳

1回聞いたら癖になってしまう曲だと思います。理由はわかりませんが最近ずーっと聞いてます。

手と手

恋愛ソングです。なんという未練。聞いただけで色々思い出してしまいます。でも曲自体は凄く爽やかなのでずっと聞いていたくなります。

クリープハイプ – 『クリープハイプの窓、ツアーファイナル、中野サンプラザ』YouTube限定トレーラー映像

 

クリープハイプ、基本情報

度重なるメンバーチェンジを繰り返し、一時期は1人のユニットとして活動していたこともありますが、現在は4人のメンバーで固定されています。

 

2013年にはギターボーカルの尾崎世界観がSMAPに「ハロー」という曲を提供して話題になったり、蒼井優が出演しているCMで曲を使われたことから、より知名度が上がりました。

尾崎世界観さん

まだ謎の多い彼らは、インディーズ時代から他のバンドと差をつけていた存在でしたが、ギターボーカルの尾崎世界観の実体験をもとにした表現力が大きな魅力になっています。

 

この独特な名前もファンから「世界観がいいね」と言われたことをきっかけに、名前にしたことが始まりでした。気になる年齢は1984年11月9日生まれの、現在は31歳です。今でも年齢確認をされると自信で認めるほどの童顔が特長です。

 

長谷川カオナシさん

ベースの長谷川カオナシは、この名前にこだわりを持っており、本名で活動することを勧められながらも頑なにカオナシという名前にこだわりました。2009年にバンドに加入しました。

 

小川幸慈さん

1987年9月23にち生まれで、現在は28歳のバンドでは最年少になります。ギターの小川幸慈は1984年9月19日生まれで、ボーカルと同じ年齢で現在は31歳です。髭があることが特長ですが、その他のことはあまり表に出ていません。小川さんも2009年にバンドに加入しました。

 

小泉拓さん

ドラムの小泉拓は1979年の1月8日生まれで、1人断トツの最年長で現在は37歳になります。メンバーの最年長と最年少が10歳離れていますが、こういうバンドは意外と珍しいです。小泉さんもバンドに加入したのは2009年です。

 

世界観さんの世界観がすごく好き

おもちゃ

とにかくギターボーカルの尾崎世界観の存在が気になっている人が多いことや、バンドとしてもプライベートは謎に包まれていますが、心を掴んで離さない歌声や切ないメロディーににこれからも目を離せない存在です。

 

上でも言いましたが、是非疲れたときにクリープハイプの曲を聞いてみてください。

リバーシブルー

 - クリープハイプ