*

山下達郎さんと小田和正さんは犬猿の仲?

   

イケメン2

2人は実は犬猿の仲?

共にシンガーソングライターとして活躍している山下達郎さん小田和正さんは、実は長年犬猿の仲とも言われています。日本を代表するミュージシャン、そしてシンガーソングライターである2人が「犬猿の仲」であることには原因があります。

 
六本木で2人がよく使っていたソニースタジオという場所があり、2人はよく隣のスタジオを使っていたことから、ある出来事が原因になったようです。

 

スタジオを訪れたことが始まり

 「アルバム制作日誌」全編

当時のフォークミュージックをやっているミュージシャン同士の間では、初対面であってもお互いのスタジオを訪問することで愛情を表現するところがあったという小田和正さんが、山下達郎さんのスタジオを訪れたことが始まりでした。

 

親交を深めるつもりでスタジオに入った小田和正さんでしたが、山下達郎さんはエンジニアがいる中で集中してピアノを弾いており、エンジニアから「神経質になっている演奏中だから」という理由で退室を求められたそうです。

 

山下さんはライブ映像等を見ても、本当に繊細さが伝わってきますよね。演奏に浸っている表情や、音そのものからもそういった性質を感じ取ることができます。みなさんも是非一度そのような視点で聞いてみてください。

 

そこから本当に犬猿の仲?

挨拶のつもりでしたが勝手にスタジオに入ったことが原因で犬猿の仲といわれるようになりましたが、その後一切連絡を取らなかったわけではなく、電話で話したこともあったそうです。

 
また2001年からクリスマス前後に放送されている音楽番組として、長年楽しまれている「クリスマスの約束」という番組でも関わりがありました。小田和正が自ら、SMAPや福山雅治といったビッグネームに出演依頼の手紙を書いた中に、山下達郎の存在もありました。

 

実際に出演は実現しませんでしたが、山下達郎から届いた返信手紙はとても丁寧なもので、犬猿の中を感じさせるものではありませんでした。有名人同士で何かトラブルのようなものがあるとすぐ、犬猿の仲とか、恋愛関係とか言われますよね。正直ちょっとそういうのには違和感を感じざるを得ませんね。

 

お2人とも日本を代表するミュージシャンなだけに、後からでも仲が悪いわけではないということがきちんと伝わってよかったと思います。

やさしい風が吹いたら

 

 

ミュージシャンのとしてのライバル心

山下達郎のクリスマス・イブを演奏される前に、その手紙は紹介されましたが、テレビ出演しない経緯や番組に共感する思い、そして小田さんに向けたエールなど、ミュージシャンとしての良い意味でのライバル心が書かれていました。

 

些細なことで人はすれ違いますが、こう言った犬猿の仲なら、ミュージシャン同士の刺激にもなるのだなと思える出来事でした。

今のこと


 - 小田和正, 山下達郎