*

スピッツ冬の歌3選!

      2015/12/09

冬服
冬 Rosapeig – Freepik.comによるベクターデザイン
 

こんにちわ。

前回はミスチルの冬の歌を選びましたが、今回はスピッツの冬の歌を選んでみたいと思います。
スピッツもめちゃくちゃ好きですが、正直ぱっと冬の歌ってこれだよなーというのは思い浮かばないです。

今回はちょっと自信ありませんが選んでいきます。

1.スカーレット

これは直接的に冬な気がします。まず最初にこの曲が浮かびました。

理由はPVを見た時にメンバーの方々がコートと帽子を着ていたからです。

PV中の景色もなんとなく冬っぽい感じがします。
この曲の歌詞にも冬の描写がありますから、おそらく冬の曲だと考えました。

草野さんも「この曲は一つの到達点」と評していますから、納得の作品だったのでしょう。
事実、この曲はオリコン週間1位を獲得しています。

私もこの曲は大好きです。特にイントロのギターの音、メロディーがとても聞いていて心地いいです。
曲全体がとても優しい雰囲気の中、私は時々シリアスな雰囲気も感じます。

 

2.冷たい頬

 

2曲目はこの曲です。

正直このあたりから完全にこの曲は冬の曲だ!という自信はありません。
かなり個人の解釈に委ねられると考えます。

私はタイトルからも、冬っぽさを感じました。少なくとも、冬に入りたてぐらいではあるのではないかなと思います。
メロディーを聞いていると冬の寒い時に木枯らしに吹かれながら、聞いてみたいと感じました。

また、歌詞からも分かるように「恋」がテーマになっているので、「冷たい」というのと「恋」が合わさると、すごく切ないなぁとも感じました。

3.インディゴ地平線

3曲目はこの曲です。

PVを見てみると、演奏しているメンバーはみんなコートとか冬服を着ています。
また、メロディーを聞いてもゆったりしていて冬を感じることができると思います。

この記事を書くときに久しぶりにこの曲を聞いたのですが、名曲ですね。
改めて草野さんの凄さを感じました。

ここまで3曲を紹介しましたが、冒頭にも書いたように今回ははっきりと「この曲は冬の曲だ」というのはいいにくかったです。
以外とスピッツ季節感のある曲が少ないのかな?と感じました。

歌詞やPV内の示唆をもっと感じ取る力が私にあれば、感じ方はもっと違ったのかもしれません。

それでは、この辺で。
ありがとうございました。

関連記事→ミスチル冬の曲3選!

クリスマス Freepikによるベクターデザイン

 - スピッツ