*

ミスチル名曲5選!

      2015/12/07

マイク
背景素材 Freepikによるベクターデザイン
 

こんにちわ!
今日は私がおすすめするミスチルの名曲を挙げていきたいと思います。

違う記事にも書きましたが、私はミスチルが大好きです。

中学生の時に友達に勧められて聞いた時は衝撃を受けました。

こんなに素晴らしい曲があるのかと思ったことをよく覚えています。
その当時はピアノを習っており、クラシックを中心に聞いていましたが「バンドの音楽もすごくいいんだなぁ」と感じました。

今回の5曲は完全に私の好みです。笑

では紹介していきたいと思います。

Mr.Childrenとはどんなバンド?

1992年にアルバム「EVERYTHING」メジャーデビュー。デビュー前は「THE WALLS」というバンド名で活動していたそうです。

1988年に改名した時のエピソードがWikipediaに掲載されていました。

「THE WALLS」から「Mr.Children」に改名したのは1988年12月末。渋谷のファミリーレストランに4人が集合して意見を出し合った。まず、「THE」から始まるバンド名をやめることで一致。当時4人は「チルドレン」という言葉の響きを気に入っていて、イギリスのバンド「THE MISSION」が1988年に発売したアルバム『CHILDREN』や、バンド「The Railway Children」、世界中の飢えや貧困に苦しむ子供を写したロバート・キャパの写真集『戦争・平和・子どもたち』など好きなものに「チルドレン」含む名称が多かった。ただ、大人になった後も「Children」のままでは如何なものかと思い、正反対の「Mr.」を付けて年が明けた1989年1月1日から使用した。

改名当初は響きを重視していたためバンド名に深い意味合いを持たせていなかったが、メジャー・デビュー後に所属事務所から「もっとプレゼンが上手くならないといけない」と言われ、「大人から子供まで幅広く聞いてもらいたい」という意味を加えた。(Wikipediaより引用)

なんだか今から考えると意外なバンド名ですね。
なんだか海外のバンドの様な雰囲気のある名前で活動していたんですね。

正直ミスチルは全曲名曲と言っても過言ではありません。
非常に難しいのですが、なんとか5曲選んでみたいと思います。

ミスチルの名曲を5曲紹介します

1.名もなき詩


一曲目は「名もなき詩」です。

この曲は高校生の時、カラオケで歌いまくりました。
ちなみに後半の早口パートをちゃんと歌えたことは1度もありません。笑

初めてこの曲のサビを聞いた時は、なんて聞いていて気持ちのいいサビなんだ!と感動しました。
1オクターブ上がる時の桜井さんの歌い方は本当かっこいいし、大好きです。

ライブで桜井さんのギター弾き語りバージョンの演奏もされていましたが、その映像をDVDか何かで見た時はギター一本でこんなにかっこよく歌えるものなのか、と「すげぇー」と食い入る様に映像を見てしまいました。

2.抱きしめたい

2曲目は「抱きしめたい」です。
泣きました。この曲を初めて聞いた時は。

他の記事「ミスチル冬の歌3選!」でも挙げました。
その位この曲も大好きです。

なんてステキなラブソングなんだ、というのが初めて聞いた時の感想です。
この曲は「彼氏に歌ってほしい曲」にずーっとランクインしていた記憶があります。

確かに男性が女性に歌ってあげるととても良い雰囲気になりそうですよね!
好きな女性とカラオケに行くチャンスのある方は練習して、この曲を歌ってあげると喜んでもらえるかもしれません!

3.NOT FOUND

3曲目は「NOT FOUND」です。

この曲は出だしから始まるギターのストロークがとても綺麗ですよね。
ずーっと聞いていたくなるようなギターの音です。

いつもこの曲を聞いていて本当にいいなと思うのは、桜井さんのビブラートです。
私はこの曲全体に切ない雰囲気を感じながらいつも聞いているのですが、桜井さんのビブラートがその切なさをより大きくしているような気がします。

特にAメロ、Cメロのビブラートがとても好きです。

この曲がめちゃくちゃ好きで、いつもカラオケに行った時歌おうと思うのですが私の声では到底歌うことなどできず撃沈してしまいます。
いつか桜井さんのようなあの絞りだすような高音を出せたらと思うのですが、まぁ無理ですよね。笑

4.Everything(It’s you)

4曲目は「Everything(It’s you)」です。

このyoutubeのライブ映像を見ていただければ分かるのですが、CDに収録されている歌い方とは全く違う演奏、歌い方をされています。
桜井さんの絞りだすような高音も大好きですが、優しく歌うファルセットもいいですよね。

またピアノだけの伴奏もとても綺麗で、この曲の持つ雰囲気を際立たせていますね。

この曲もそうなのですが、ミスチルの曲ってライブ映像と共に聞くと、桜井さんの表情が分かって歌の歌詞や伝えたいことがさらによく伝わってきます。
またいつも桜井さんの歌うときの表情に、感受性を掻き立てられるような気がします。
なので、是非youtube等でミスチルの曲を聞くときはライブ映像と共に聞いてみてください!!

5.声

5曲目は「声」です。

この曲はライブで聞いてめちゃくちゃ感動して、少し泣いてしまった記憶があります。
会場全体に響く桜井さんの声、お客さんの声、一体感、圧巻でした。

歌詞はとても優しく、学生の頃自分に自信がなくなったとき、何かにチャレンジするときはいつもこの曲を聞いて励まされていました。

正直CDで聞いた時は、こんなに好きになるとは思っていませんでしたがライブで聞いたことによって180度この曲に対しての気持ちが変わりました。
是非機会のある方は、ライブで聞いてもらいたい一曲です。

以上5曲を紹介しました。
100%私の主観で決めました。

ミスチルの曲って、私はどの曲も感情が揺さぶられる感じがするので大好きです。

桜井さんもライブで言っていました。「感受性の扉をフルオープンにして」と。
これからもそんな気持ちでミスチルの曲を聞いていきたいと思います。

今回はこれで以上です。
長くなってしまいましたが、ありがとうございました。

アイキャッチ画像背景素材 Freepikによるベクターデザイン

 - Mr.Children