*

赤い公園ってバンド知ってる?ベースのサウンドが最高。

      2016/02/25

Canvas

「赤い公園」、一度見たら忘れないバンド!

女性だけのメンバーで組まれたガールズバンド「赤い公園」は、個性的で独特なミュージックビデオやオシャレなファッションなど、記憶に残って気になってしまうバンドです。

 
2010年から活動している赤い公園は、東京都立川市を出身としています。いろいろなジャンルを組み込んだかのような、軽快なギターが際立ったポップサウンドをしています。高校時代の先輩と後輩で会った4人が集まり、当初はチャットモンチーや東京事変などのコピーバンドをしていたそうです。

 

「ブーメランとあるく」で注目を浴びる

KOIKI

立川BABELというライブハウスを拠点に活動を続けていましたが、自主制作のミニアルバム「ブレーメンとあるく」やツアー「Next Music from TOKYO vol3」で注目を浴びました。複数のレーベルが争奪戦になったほどデビューの際の期待値も高かったようです。

 

友達のバンドには実力派バンドのOKAMOTO’Sや、人気の高いKANA-BOONなどがいて、とても仲が良いそうです。バンド名は最近よく耳にするようになりましたが、中でもベースの藤本光さんが「かわいい!」と注目を浴びています。

ないものねだり

 

ベースが結構ゴリゴリ

メンバーの中でも一番検索されているため、「どんな人が気になる!」という人も多いのでしょう。1992年10月31日生まれで23歳です。中学の頃から音楽を始めたそうで、バンドのサウンドからは意外ですがメタルのような激しい音楽を好んでいます。

 

歌もののベースにしてはたくさんのエフェクターを使用しているため歪みの音も多く、好みの音楽の影響が反映されていそうです。小柄でかわいい雰囲気や、ノリノリでかわいくベースを弾く姿も魅力的ですが、歌もののバンドとしては珍しい歪ませた音造りとのギャップも注目を得る理由になっています。

 

女の子で、メタルっぽいサウンドが好きなベースとは、かなりレアな気がします。好きな人は本当に好きになれそうなバンドだと思います。

 

彼氏いるの?

プライベートではバンドKEYTALKでドラムを叩いている八木優樹産が、彼氏なのでは?と噂になっています。あくまでも噂レベルのものですが、年齢差4歳というバランスの良さや、バンドマン同士ということから相性も良さそうですね。

 

今後の活動も気になる藤本ひかりさんですが、バンドも含めますます活躍して人気になるといいですね。

 - 赤い公園