*

きゃりーぱみゅぱみゅの子供時代、両親との関係は?

   

つけまつける

国内外でもの凄い人気

女性歌手としてもモデルとしても人気の高いきゃりーぱみゅぱみゅさんは、国内外から高い人気を得ているだけあり、何かといろいろなことが話題に上がります。恋愛事情はもちろん、日常生活を隠し撮りされることも多く、Twitterでの発言もその都度注目されています。

 

過去のできごとを取り沙汰されることもあった

今の人気の裏にある、過去の写真もネット上にはたくさん出回っていました。

 

実は過去に黒歴史時代と呼ばれている時代がありました。12歳ぐらいの時に本名の竹村桐子さん名義で活動しているジュニアアイドル時代で、今の見た目とはあまりにも違いがありすぎるため「黒歴史」と呼ばれるようになりました。

 

イメージDVDも発売されていますが、「スクール水着オーディション」というDVDでは、ツインテールでスクール水着を着ながら、どこかぎこちない表情で撮影されています。

 

高校時代、モデルの世界へ

美女と犬

高校在学中には青文字系のファッション雑誌である「HR」「Zipper」「KERA」などに出演するようになり、人気のあるカリスマ読者モデルへと成長しました。高校の頃から読者モデルとして活躍して、派手で奇抜なファッションをしていたことが容易に想像できますね。

 

出身高校は都内の私立高校ですが、本人曰く「ギャルかオタクしかいない学校だけど、自分は少数派の変態的な子とバカばかりしていた」と話しています。面白い変顔をよく披露していたり、個性的な友人を初回していることもあり、とても楽しい高校生活を送っていたことは想像されます。

 

意外と厳しい教育を受けて育っていた?

にんじゃりばんばん

ファッションセンスや、現在の活動から自由な環境で育ったのかとおもいきや、実際はとても厳しい家庭で育っています。高校時代の門限は19時で、5分遅れたら4時間も家に入れないほどの厳しさです。

 

また20時になるとリビングに携帯を置き朝の6時まで触れないことや、嘘をつくことがあれば携帯は1週間以上没収、パソコンまでロックされるほど徹底して厳しいお母さんだったそうです。逆に理想のタイプは父親というほど、とても優しいお父さんがいるそうです。お父さんとしてはお父さん冥利に尽きるというものでしょうね。こんなお父さんになりたいものです。

 

奇抜で独特なファッションからは想像出来ませんが、10代ですでに様々な経験をしてきたきゃりーぱみゅぱみゅさん。これからのきゃりーさんの活躍にも注目していきたいですね。

 - きゃりーぱみゅぱみゅ