*

SPYAIRのメンバーの名前など基本情報!曲むっちゃかっこええ。

   

路上での地道な活動から開花

2010年にデビューしてから人気が急上昇しているSPYAIRはかなり気合の入った本格的なバンドです。下の曲を聞いてもらえばわかりますが、むちゃくちゃかっこいいです。結成から1年間はスタジオで練習を重ね、たくさんの曲作りを進めていました。そして完全に準備を整えてから、路上でのライブ活動を始めました。

 

路上で活動することは、ライブハウスよりも競争率が高く、厳しい道の選択でした。メジャーデビューをしてからは、楽器を演奏せず曲作りもしないけれどライブを盛り上げるDJ ENZEL☆がいました。2013年には現在の4人のメンバーになりました。そんな4人の特徴や個性を紹介します。

アイム・ア・ビリーバー

 

ボーカルIKEさん

ボーカルのIKEさんは、本名は池田英史さん。硬質でえぐるようなボーカルが特徴です。ステージングにはため息が出てしまうようなカッコよさで、指先までこだわりぬいた動きを見せてくれます。路上で活動していた時に、他のどのバンドよりも目立つために動きを身につけたそうです。

 

ギター・プログラミングUZさん

ギターとプログラミングを担当するUZは、本名は中井勇次さん。バンドの作曲を全て行っています。Hi-STANDARDの大ファンで、自らのことを「ガソリンスタンドの息子」と言っています。一番最後にバンドに加入しましたが、サウンドの要を握っています。また轟音で爆音のギターには定評があり、半音下げチューニングで重たさを出しています。

 

ベースでリーダーのMOMIKENさん

ベース、そしてリーダーでもあるMOMIKENは、本名は籾山憲児さん。全ての楽曲の作詞を行っています。メンバーも太鼓判を押す独特な世界観を持っており、そのことをきっかけに作詞をすることになったそうです。ムードメーカーでもあるMOMIKENですが、目の周りに入った黒いラインがトレードマークです。

 

ドラムのKENTAさん

ドラムのKENTAは、本名は笹部賢太さん。爆音をかき鳴らすバンドのサウンドをしっかりと支えています。私生活は地味なようですが、ステージに立っている時のカリスマ感のあるドラミングを見て、ギャップにやられてしまう人も続出しています。

 

メンバーの脱退がきっかけでできたバンド?

イマジネーション

メンバーの面で苦労されているようで、ギタリストの脱退でメンバーがいなくなり解散となってしまったこともあったそうです。そんな時に出会ったのがUZさんだそうです。そこから現在の「SPYAIR」ができたということです。

 

また「SPYAIR」というバンド名ですが、コンピューター用語の「Spyware」が語源だそうで、「格好いい」という理由もあってこのバンド名となったようです。

 

メンバー全員自営業の息子!

現状ディストラクション

ちなみになんと、メンバー全員が自営業の家庭で育ったそうです。
2015年の8月に富士急ハイランドで行った、1万人を動員した野外ライブも大盛況に終わりました。人気急上昇のSPYAIRの楽曲を聴いて、ライブに足を運び、4人の個性に触れてみてはいかがでしょうか。

 - SPYAIR