*

有名すぎるビヨンセのCM曲、有名どころを一挙に紹介します。

   


ビヨンセは日本でもあまりにも知名度が高い、アメリカの女性アーティストです。テキサス州ヒューストン出身で、シンガーソングライター、音楽プロデューサーなど様々な顔を持っています。

 

ディスティニーチャイルドの初期メンバー

デスティニー・チャイルドの初期メンバーとして、リードボーカルやプロデューサーも行っていましたが、その美貌からビヨンセの知名度はグループの名前を超えています。CDのセールスは2500万枚以上という数字を叩き出していますが、グループ時代のトータルセースルも含めると5000万枚を超えています。

 

ビヨンセの伝説的名曲

ビヨンセは代表曲とも言える「Craze In Love」や、オバマが振り付けを披露して見せたことでも話題になった「Single Ladies(Put A Ring On It)」、PVのセクシーさが話題になった「Telephone」など数え切れないほどのヒット曲があります。たくさんの有名曲に溢れているビヨンセは、CMでもたくさんの曲が使われています。

 

ビヨンセのCM曲

クリスタルガイザーのCMではアルバム「I Am…Sasha Fierce」に収録されている「Sweet Dreams」、石原さとみが出演するホットペッパービューティーのCM曲には「Best thing I never had」が使われています。

Sweet Dreams


小出恵介やシェリーが出演するキリンビールのCM曲には「Crazy in Love(featuring Jay-Z)」>のCM用オリジナルアレンジが使用されています。この曲はお笑い芸人渡辺直美がモノマネをする時にも使っていますが、SMAPステーションの挿入歌や日本のその他のCMソング、映画やゲームなど様々なシーンで使われています。この曲はあまりにも有名なのではないでしょうか。

Crazy In Love

またファッションブランドH&Mのキャンペーンでキャラクターとして起用されたビヨンセは、「Standing On The Sun」という曲でCM曲も担当しました。ペプシのCMではブリトニーとピンクと夢のような共演を果たし、3人の歌姫がQueenの「We Will Rock You」を歌う姿は圧巻です。

 

Beyonce H&M CM


CMソングとして使われたり出演することで、その度に検索が増えているビヨンセ。今後もさりげなく生活の中でビヨンセの音楽が聴けると思いますが、もっと掘り下げて、お気に入りの1曲を見つけてみてもいいかもしれませんね。

 - ビヨンセ