*

ビートルズのCM曲を集めました。聞いたら絶対知ってる曲だらけ

   

世界で最も売れたバンド

イギリスのリバプール出身で1960年代に活動していたビートルズは、リリースした楽曲のほとんどが様々な記録を作り続け、伝説のロックバンドになりました。今から聞き始める若い人たちもいれば、昔からビートルズを愛してやまない人たちも、たくさんの人が今でもビートルズの音楽を聴いています。

 
特にメディアで使われると聞く機会が増えますが、最近ではGoogle Play Music ビートルズ篇として、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(リプリーズ)」が使われました。今までにもたくさんの楽曲がCMで使用されて、テレビを見ていると流れてくるので、ここで一度おさらいしてみましょう。

 

ビートルズのCM曲をおさらい!

I Want To Hold Your Hand

有名曲にもなっている「I Want to Hold Your Hand」はiPodのCMで使われました。タモリ倶楽部の空耳アワーで「アホな放尿犯」とサビの部分を紹介されてから、そのフレーズが頭から離れなくなって人もいるとかいないとか?

 

Hello, Goodbye


また成田空港やキャノンのCMにも使われていたのが、「Hello,Goodbye」です。ビートルズの後期に発表した楽曲ですが、とてもシンプルに作られているのが特徴なので、CMなどでも印象に残りやすいです。

 

All You Need Is Love



またビールやドコモのCMでも流れていたのが、「All You Need Is Love」です。ジョン・レノンの代表曲のひとつとしても上げられますが、ジョンの良さが前面に出たタイトルやサウンドが印象に残る1曲です.

 

Ob-La-Di,Ob-La-Da-

次に「Ob-La-Di,Ob-La-Da」も発泡酒や車のCMで使用されていました。明るい曲調ですが、この曲ができた頃はメンバー同士の確執が激しくなっていた頃で、イントロはジョンが怒りのままに投げやりにピアノを弾いているというエピソードもあります。

 

Hey Jude

次にビールのCMにも使われていた「Hey Jude」は、ジョンがポールの最高傑作と話しています。ポールがジョンの息子を励ますために製作された曲というバックグラウンドもあります。

 
他にも「Across The Universe」「Let It Be」「Please Please Me」など、たくさんの曲がCMで流れていました。タイトルだけ聞いてピンとこなくても、「曲が流れたら知ってる!」ということ結構あると思いますよ。

 - the Beatles