*

ZARD坂井泉水さんが好き。声も見た目も楽曲も。

   

90年代を代表するグループ

作詞やボーカルを務めていた坂井和泉を中心に活動していたZARDは、坂井和泉が亡くなった今でも根強いファンが残っています。1991年から2007年までを活動期間としており、1990年代の女性ボーカルとして、CDの売上枚数の最多記録を持っているほど絶大な人気を誇っていました。

 

そのためZARDが活動していたリアルタイムを知らない若い世代でも、曲が大好きで「大ファンです!」と言っている人も多くいます。

 

今でも熱烈なファンが多い

負けないで

 


最高の応援ソングとして、代表曲になっている「負けないで」は、誰もが口ずさめる有名曲です。その曲しか知らない人もいるほどでZARDの代名詞にもなっていますが、お笑い芸人のインパルスの板倉さんもTwitterで、「数え切れない名曲がある」とZARDファンであることを明かしています。

 

「マイフレンド」「揺れる想い」「こんなにそばに居るのに」「心を開いて」など有名曲もたくさんあり、聞き出したら止まらない名曲のオンパレードです。

 

是非下のメドレーを聞いてみてください。歌が上手いのはもちろん、いかに坂井泉水さんが魅力的な女性かがお分かりいただけると思います。

 

ZARD ALBUM COLLECTION MEDOLEY


ZARD世代と呼ばれるファン

またZARD世代の30代で、今でもZARDのことが大好きで仕方ないという理由を明かしている人もいます。その理由の1つに坂井泉水さんが女性の気持ちを歌う歌詞があります。共感する女性は後を絶ちませんでしたし、率直な女性の気持ちが心に刺さったという男性もいます。

 

次に透き通るような繊細な歌声も魅力の1つとされています。透明感のある歌声と繊細な女性の感情を歌う歌詞が、程よく混ざりあっていて共感を呼ぶのでしょう。そして坂井泉水さんのビジュアルのかわいさだけでなく、華やかに飾りすぎていないところがさらに共感を呼びました。

 

ファンの心のなかの彼女

坂井泉水さんの命日である5月27日には、思い出してまたZARDのことを語り合いたいというファンが掲示板などに書き込みをしています。「坂井泉水さんは心の中で永遠に生き続ける」と彼女を愛おしむ声と同時に、「いつまでもZARDのファンです」と心の支えにしている人たちが沢山いるほど、ZARDは愛されているバンドです。

 - ZARD